長澤まさみを起用、「フォリフォリ」の仕掛け

ギリシャ発世界ブランドの真意

人気女優・長澤まさみさん(写真左)扮するOLの1日を追う――。そんな映像が話題になっている。

朝起きて、お洒落して会社へ行きパソコンと向かい合い、ちょっと古い言い方だが、「アフター5」を楽しむ。そして運命の出会いが・・・! 女優なのにセリフが一言もなく、表情だけで表現。約2分にわたる演出で、女性の心をつかむような構成となっている。

YouTubeなどで配信

これは、ギリシャ発の世界的なファッションブランド「FolliFollie」(フォリフォリ)が制作したオリジナルのネット映像だ。アクセサリーを中心として若い女性に人気のブランドで、映像はフォリフォリジャパンHPのほかYouTubeなどでも配信されている。

監督は、蜷川実花さん(写真右)。全体にフォリフォリのブランドカラーであるオレンジを多用。映像の節々に蜷川さんらしい「カワイイ!」が散りばめられ、女性らしい優しさが好感度を高めている。長澤さんが映像内で身に付けている、フォリフォリの各種アクセサリーは実際にお店で購入できる(一部は12月発売)

11月11日に東京・表参道にあるフラッグシップで行われたイベントで、蜷川さんは、「女性が積極的に自分からHAPPYを掴みに行くことを表現したかった」と演出の意図を解説。長澤さんは「蜷川さんとはじめ映像部分で共演することが出来て嬉しかったし、蜷川さんは女の子のあこがれの世界を描くのが上手。蜷川さんの世界観を体感し、夢を実現していけるように思えたし、撮影中も好きなモノに囲まれて、まるで宝石箱の中にいたようで嬉しかった」と語った。

ポイントはフォリフォリがこのような映像に、日本の有名人を起用したのが今回初めてということだ。これまでは本国のギリシャが決めたモデルやセレブを使用していたが、残念ながら日本ではそういった人物の認知度が非常に低く、ハッキリ言ってしまえば皆無。そこでフォリフォリは、日本独自の展開を狙って日本人の長澤さんを起用することで、日本人女性に対する親近感を演出した。

次ページもう一つポイントが?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。