ダウとS&Pが連日の最高値

ドラギECB総裁が追加緩和を示唆

 11月6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。NYSEで5日に撮影(2014年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が、ユーロ圏の景気下支えに向け、必要なら追加措置を講じる用意があると表明したことが追い風となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は69.94ドル(0.40%)高の1万7554.47ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は17.75ポイント(0.38%)高の4638.47。

S&P総合500種<.SPX>は7.64ポイント(0.38%)高の2031.21。

 

(カッコ内は前営業日比)

 

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

     終値(非公式)    17554.47(+69.94)

前営業日終値    17484.53(+100.69)

 

ナスダック総合<.IXIC>

     終値(非公式)    4638.47(+17.75)

前営業日終値    4620.72(‐2.92)

 

S&P総合500種<.SPX>

     終値(非公式)    2031.21(+7.64)

前営業日終値    2023.57(+11.47)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。