ダウとS&Pが連日の最高値

ドラギECB総裁が追加緩和を示唆

 11月6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。NYSEで5日に撮影(2014年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が、ユーロ圏の景気下支えに向け、必要なら追加措置を講じる用意があると表明したことが追い風となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は69.94ドル(0.40%)高の1万7554.47ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は17.75ポイント(0.38%)高の4638.47。

S&P総合500種<.SPX>は7.64ポイント(0.38%)高の2031.21。

 

(カッコ内は前営業日比)

 

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

     終値(非公式)    17554.47(+69.94)

前営業日終値    17484.53(+100.69)

 

ナスダック総合<.IXIC>

     終値(非公式)    4638.47(+17.75)

前営業日終値    4620.72(‐2.92)

 

S&P総合500種<.SPX>

     終値(非公式)    2031.21(+7.64)

前営業日終値    2023.57(+11.47)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT