ダウとS&Pが連日の最高値

ドラギECB総裁が追加緩和を示唆

 11月6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。NYSEで5日に撮影(2014年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が、ユーロ圏の景気下支えに向け、必要なら追加措置を講じる用意があると表明したことが追い風となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は69.94ドル(0.40%)高の1万7554.47ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は17.75ポイント(0.38%)高の4638.47。

S&P総合500種<.SPX>は7.64ポイント(0.38%)高の2031.21。

 

(カッコ内は前営業日比)

 

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

     終値(非公式)    17554.47(+69.94)

前営業日終値    17484.53(+100.69)

 

ナスダック総合<.IXIC>

     終値(非公式)    4638.47(+17.75)

前営業日終値    4620.72(‐2.92)

 

S&P総合500種<.SPX>

     終値(非公式)    2031.21(+7.64)

前営業日終値    2023.57(+11.47)

人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。