ダウとS&Pが連日の最高値

ドラギECB総裁が追加緩和を示唆

 11月6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。NYSEで5日に撮影(2014年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が、ユーロ圏の景気下支えに向け、必要なら追加措置を講じる用意があると表明したことが追い風となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は69.94ドル(0.40%)高の1万7554.47ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は17.75ポイント(0.38%)高の4638.47。

S&P総合500種<.SPX>は7.64ポイント(0.38%)高の2031.21。

 

(カッコ内は前営業日比)

 

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

     終値(非公式)    17554.47(+69.94)

前営業日終値    17484.53(+100.69)

 

ナスダック総合<.IXIC>

     終値(非公式)    4638.47(+17.75)

前営業日終値    4620.72(‐2.92)

 

S&P総合500種<.SPX>

     終値(非公式)    2031.21(+7.64)

前営業日終値    2023.57(+11.47)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT