棚橋選手の人脈術、「出会いに照れるな」

新日本プロレス・棚橋選手に直撃!(中編)

「地方をプロモーションして回りながら、プロレスに対する先入観を壊す作業をずっとやってきたつもりなんですよ」

塩野:そうですね。まだまだいけると思います。まさに『東洋経済オンライン』を読んでるビジネスマンが、それこそ家族で行き始めたら大変なことになると思うんですよね。

棚橋:いや、本当にありがたいことに、家族連れ、女性が増えたのが最近の一番大きな変化なんです。

塩野:なぜ増えたと思われます?

棚橋:親会社が変わって選手の露出が増えたということもあるんですけど。僕、地方をプロモーションして回りながら、プロレスに対する先入観を壊す作業をずっとやってきたつもりなんですよ。やっぱりプロレスって、どうしても悪いイメージが先行する。怖いとか、野蛮とか、血が出て痛そうとか。だから見る前にストップかけてた人が多かったんですけど、そこを、「そうじゃないよ」と。「俺がいるよ」と。

がっちりと鍛え上げられた腕

塩野:「俺がいるよ」は女性ファンの心に刺さりますね(笑)。

棚橋:地道に小さいローカルのテレビ局とかラジオ局とかを回ると、だいたい司会の人も棚橋を知らない。「プロレスを見たことがありますか?」と聞くと、「ない」と言われる。そこでまずは目の前の司会の方を口説くんです。その司会の人が興味を持ってくれないと、電波を通したリスナーの方も興味を持ってくれない。そんなふうにして、とにかく先入観を壊す作業をしていました。プロレスは力道山先生のころから先入観との戦いなので、一度来てもらったら、会場の空気感とか、リングの内外で起こることを十分楽しめると思うんですけど。

プロレスラーが弁護士にアドバイス?!

棚橋:このあいだなんか、弁護士をやっている同級生に頼んで、大阪弁護士会の会報誌に取材してもらったんですよ。弁護士さんが「どうしたら大阪弁護士会はよくなりますか?」と僕に聞いたりして。弁護士に相談されるプロレスラーって面白くないですか? 

塩野:めちゃくちゃ面白いです。

棚橋:「それは弁護士のシステムというのが、みんなに知られてないから、まずそこを明確にしていけばいいですよ」と答えたりして、逆転現象。

塩野:先生だ(笑)。相談といえば、私はいつもいろんな企業の相談に乗っているんですが、うまくいっている会社は、「次はどんな新しいことをやりましょうか」という相談が多い。その一方で、昔の栄光が捨てられない大企業は、プライドばかり高くて、なかなか新しいことができないんです。新日本も、かつて毎週テレビのゴールデンタイムで放映されていた時代をずっと引きずってしまったとおっしゃっていましたが、棚橋選手はそれをどうやって変えていこうとしたのか。

次回は新日本プロレスの改革についてお伺いしようと思います。

(構成:長山清子、撮影:今井康一)

後編は14日(金)に公開します。お楽しみに!  

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT