音楽嗜好症 オリヴァー・サックス著/大田直子訳

音楽嗜好症 オリヴァー・サックス著/大田直子訳

鼻をソの音でかむ、風がレの音で吹く、時計はシのフラットで鳴る……。絶対音感を持って生まれた人には、この程度の認知はなんの造作もない。彼らのほとんどは、可聴範囲の70以上の音階を特定できるという。これは本書で紹介される、人と音楽にまつわる不思議さのほんの一例だ。

そもそも人はなぜ音楽を好きになるのか、「ノーミュージック、ノーライフ」というほどにのめり込む人が出るのか。脳神経科医が解明してみせる。

「人間の脳に単一の音楽センターは存在せず、脳全体に散在するたくさんのネットワークが関与している」だけに、謎解きは一筋縄ではいかない。突発性音楽嗜好症、失音楽症、さらには音楽療法にも踏み込んで、事例豊富にエッセーは展開する。

著者は医師であると同時に、『レナードの朝』『妻を帽子とまちがえた男』などで知られるエッセイストの顔も持つ。11作目で新たな境地を開いたようだ。

早川書房 2625円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT