音楽嗜好症 オリヴァー・サックス著/大田直子訳

音楽嗜好症 オリヴァー・サックス著/大田直子訳

鼻をソの音でかむ、風がレの音で吹く、時計はシのフラットで鳴る……。絶対音感を持って生まれた人には、この程度の認知はなんの造作もない。彼らのほとんどは、可聴範囲の70以上の音階を特定できるという。これは本書で紹介される、人と音楽にまつわる不思議さのほんの一例だ。

そもそも人はなぜ音楽を好きになるのか、「ノーミュージック、ノーライフ」というほどにのめり込む人が出るのか。脳神経科医が解明してみせる。

「人間の脳に単一の音楽センターは存在せず、脳全体に散在するたくさんのネットワークが関与している」だけに、謎解きは一筋縄ではいかない。突発性音楽嗜好症、失音楽症、さらには音楽療法にも踏み込んで、事例豊富にエッセーは展開する。

著者は医師であると同時に、『レナードの朝』『妻を帽子とまちがえた男』などで知られるエッセイストの顔も持つ。11作目で新たな境地を開いたようだ。

早川書房 2625円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。