100歳までボケない101の方法 白澤卓二著

100歳までボケない101の方法 白澤卓二著

100歳を過ぎても身の回りのことができ、自活している人を最近では元気な「百寿者」と呼ぶ。重要なのは年齢が100歳を過ぎているだけでなく、自ら生活全般ができること。長生きしても寝たきりだったりすると健康長寿とはいえない。

抗加齢医学の第一人者として実際に百寿者に会い、その健康状態や運動能力を調査してきた著者は「ボケにくい人ほど長生き」できると言う。その秘訣はどこにあるのか。これまでの研究結果を基に今日から実践できる101の方法も披露。朝食はパンよりご飯、体重を毎日測り、睡眠時間は7時間等々。食事、習慣、運動の3分野から健康長寿のための生活様式を提案する。

文春新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。