戦後日本が失ったもの 風景・人間・国家 東郷和彦著

戦後日本が失ったもの 風景・人間・国家 東郷和彦著

外交官として海外暮らしが長かった著者は、退官後日本で暮らすようになり、街の景色に激しい違和感を抱く。

たとえば、奈良の長谷寺を訪れたときのこと。本堂の舞台から美しい自然の景色を堪能していると、その一角にまったく周りとなじまない青いドームを頂いた白いビルを発見し戸惑う。日本人は戦後、街の景観の調和に関心を示さず、好き勝手に開発してきたために、こうしたことが至る所で起こりがちだという。

著者は、この風景の不調和を現代日本人の人心の荒廃の一つの象徴としてとらえている。そこから戦後、平和の代償として私たちが失ったものは何なのか、そして失ったものを回復するために必要なものは何かを問う。

角川ONEテーマ21 780円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT