知的財産法入門 小泉直樹著

知的財産法入門 小泉直樹著

知的財産法とは、特許法や商標法、意匠法、著作権法などの総称。テクノロジーやブランド、デザイン、エンターテインメントなど、豊かで快適な生活を送るのに不可欠の知的財産を守りつつ、それを活用していくために定められたルールのことだ。

たとえば、特許。とりあえず出願しておくだけでも済む。ただし、1年半経つと自動的に公開され、誰もが詳細を知る。特許登録をすれば毎年特許料の納付も必要になる。登録するかどうかは企業戦略と兼ね合う。

争いが起きたときはどうか。法律の専門家は先例を参考にする。知的財産法でも先例と条文を「ものさし」としながら、具体的な解決の落としどころを探ることになる。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。