一〇〇年前の女の子 船曳由美著

一〇〇年前の女の子 船曳由美著

知らないのに、なぜか懐かしい。100年前の農村の四季。

この8月、主人公の寺崎テイは101歳になった。手厚い看護を受けて暮している。「貧乏神がはりついていた」にもかかわらず、子ども5人は全員大卒に。そして米寿を過ぎたころから、「けなげに生きた」少女の成長物語を語り出す。

カミナリの落ちた日に、栃木県足利郡筑波村大字高松にて生まれた。実の母を知らず、養女に出される。

正月にはお正月様をお迎えし、雛の節句には哀しい思い出もある。柿若葉のころ、村は忙しくなる。十五夜には月に拍手を打つ。秋が深まり、コウシン様の夜がくる。冬は街道からやってくる。神を畏れ仏を敬う心に満ちた暮らし。

本人は全甲の成績を通し、女学校を受験する村の数少ない子どもに。

主に明治・大正期の少女の成長の日々が、娘の手で鮮やかに描かれる。貧しくも命高らかに生きた人々の物語が胸を打つ。

講談社 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。