米ヤフーの第3四半期は1%増収、ディスプレー広告不振続く

ディスプレー広告の不振続く

 10月21日、米ヤフーの第3・四半期決算は、ディスプレー広告部門の不振が続いたものの、売上高は前年比1%増加し予想を上回った。ジュネーブ近郊の同社ビルで2012年12月撮影(2014年 ロイター/Denis Balibouse)

[サンフランシスコ 21日 ロイター] - 米インターネット検索大手ヤフー<YHOO.O>が21日発表した第3・四半期決算は、ディスプレー広告部門の不振が続いたものの、売上高は前年比1%増加し予想を上回った。ヤフー株は時間外取引で1.1%上昇した。

ピボタル・リサーチ・グループのアナリスト、ブライアン・ワイザー氏は、ディスプレー広告の不振について「この2年間、状況はほとんど変わっていない」と指摘した。

<ディスプレー広告は減収>

関連ウェブサイトへの手数料支払いを除く売上高は10億9400万ドルで、前年の10億8100万ドルから1%増加した。ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの予想は10億4500万ドル。

ヤフーは今回の決算で初めて、モバイル部門の売上高を公表した。それによると、第3・四半期の同売上高は2億ドル超。ヤフーは、通年のモバイル部門の総売上高は12億ドルを上回るとの見通しを示した。

売上高全体の40%に相当するディスプレー広告部門は前年同期比5%減収。検索事業の売上高は同4%増の4億5200万ドルだった。

ヤフーはかつて、ウェブポータルや電子メールサービスで独占的な地位を築いていたが、ここ数年はグーグル<GOOGL.O>やフェイスブック<FB.O>などのライバルに押され売上高は伸び悩んでいる。マイヤー最高経営責任者(CEO)は、サービスの多くをてこ入れしたほか、他社買収も積極的に行ったが、以前ほどの売上高の伸びは実現できていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。