ザッカーバーグ大構想、「スマホの次」とは?

フェイスブックCEOが東京で語ったホンネ

6年振りに来日したマーク・ザッカーバーグCEO。20日にはフェイスブックユーザーでもある安倍首相を表敬訪問した

「スペシャルなゲストを紹介します。マーク・ザッカーバーグです」

10月16日、東京ミッドタウンで開催された、米フェイスブックのパートナー企業向け特別イベント。事前の通知では、米国本社の副社長や日本法人社長が登壇することになっていた。が、当日、サプライズで登場したのは、あのザッカーバーグ氏本人だった。

ザッカーバーグ氏の来日は3度目。日本で記者会見に登場したのは、フェイスブック日本語版を発表した2008年以来のことだ。今や全世界でユーザー数13億7100万人(2014年6月末)を数えるフェイスブック。が、2008年当時は「せいぜい2000万人いけばいいほう」、といった雰囲気だったという。今回の訪問では、米本社副社長のハビエル・オリバン氏との対談の中で、フェイスブックの過去と今後を語った。

グレーのTシャツとジーンズという、ラフな格好で登場したザッカーバーグ氏。対談では、今までで最も後悔したこととして、モバイルへの移行を挙げた。

モバイルは日本が参考になった

「『悔やまれる事は何か』と聞かれて、1番に出てくるのが、モバイル移行に遅れたことだ。企業の常として、顧客が使っているプラットフォーム、デスクトップPC向けのサービスに依存してしまった。それでも2011年~12年ごろ、新しいことを実行しなければならないと思い、モバイルに注力し始めた。その時には日本が参考になった。日本人は早い時期からモバイルを使っていたからね」(ザッカーバーグ氏)。

そのフェイスブックも、広告収入に占めるモバイル向けの比率は、現在約7割(世界ベース)。当初は出遅れたものの、画面の小さいスマホ(スマートフォン)向けにニュースフィードへの広告配信などで、次第に挽回してきた。

「フェイスブックが立ち上がったのが2004年で、本格的なスマホが出てきたのが2003年ごろ。SNS(交流サイト)とスマホは同じ世代と言える。PCからスマホへ移行したのがそうだったように、新しいプラットフォームはだいたい10年ごとに出てくる。拡張現実や仮想現実が次のプラッ トフォームになろう」(同氏)。

次ページネット人口はまだ拡大できる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT