ザッカーバーグ大構想、「スマホの次」とは?

フェイスブックCEOが東京で語ったホンネ

ザッカーバーグ氏(左)とオリバン副社長。モバイルでは日本を参考にしたという

PCからスマホへの変化に出遅れた教訓を元に、フェイスブックは、次世代のプラットフォームが何かを模索している。3月25日には、仮想現実用ヘッドマウントディスプレイを開発する米オキュラスVR社に対し、約20億ドルで買収する事を発表。これを足がかりに、コンテンツやデバイス開発にも乗り出すという。

また今年7月には、「internet.org」というアプリサービスも発表した。このアプリを使うとフェイスブックのほか、グーグル検索をはじめとした13のサービスを使うことができる。データ通信費は無料だ。いずれも次の成長を見据えて打った布石の一環である。

足元の業績は目下好調だ。2014年4~6月期決算は、売上高29億1000万ドル(前年同期比61%増)、純利益7.9億ドル(同2.4倍)。四半期ベースではいずれも過去最高になった。きわめて順調な創業後10年だったが、この伸びが今後10年間も維持できる保証はない。

ネット人口はまだまだ増やせる

ザッカーバーグ氏が改めて力説していたのが、世界におけるインターネットのもう一段の普及である。フェイスブックは主要国で普及が一巡し、ユーザー数の伸び悩みも囁かれる。そうした状況下、インターネットそのものを使える人口を拡大することで、フェイスブックの新たなユーザー層を発掘しようという考えである。

「世界人口の3分の2はインターネットにつながっていない。とにかく今は安価にインターネットを届けることにフォーカスしている。電話があってもアクセスできない、値段が高くて使えない、インターネットを使う文化がない、そういったものをブチ壊す」(同氏)。

世界最大のSNSとして君臨しているフェイスブック。今回のザッカーバーグ氏の発言からは、さらなる成長に挑むべく、従来の殻を破ろうという姿勢がうかがえた。メッセンジャーアプリの米ワッツアップを巨額買収するなど、戦線を拡大中のフェイスブックだが、それらがいつ実を結ぶのか。世界中の視線が集まる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。