米アップル7─9月は12%増収、新型iPhone販売が予想上回る

7-9月期売り上げは前年同期比12.2%増

 10月20日、米アップルの第4・四半期決算は、売上高が12.2%増の421億2000万ドルと、市場予想の398億8000万ドルを上回った。ベルリンで9月撮影(2014年 ロイター/HANNIBAL HANSCHKE)

[サンフランシスコ 20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が20日発表した第4・四半期(7─9月)決算は、売上高が12.2%増の421億2000万ドルと、市場予想の398億8000万ドルを上回った。スマートフォン(多機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が予想を上回る16%増を記録、「Mac(マック)」もここ数年間で最も高い伸びを示した。

アップル株は時間外取引で1.3%上昇した。年末商戦に当たる第1・四半期(10━12月期)についても、強気の見通しを示した。

<アイフォーン好調、アイパッドは販売減続く>

7─9月期の1株利益は1.42ドル。市場予想は1.31ドルだった。

「アイフォーン」の販売台数は3927万台と、16%増えた。9月に発売した「アイフォーン6」と「6プラス」が押し上げた。これには中国の販売台数は含まれていない。販売台数は3800万台程度を見込んでいた一部予想を上回った。

マエストリ最高財務責任者(CFO)はインタビューで、新型アイフォーンについて、販売台数で前世代モデルを既に抜いたと述べた。

半面、タブレット端末「iPad(アイパッド)」の販売台数は、3四半期連続で減少した。7─9月期の販売台数は1230万台にとどまり、前期比で7%超減少したほか、前年同期比では13%減少した。タブレット端末の需要は、世界的にみて徐々に減退しつつある。

また、7─9月期の「マック」の販売台数は550万台となり、21%増加。2011年10─12月期以来の高い伸び率を記録した。

<ホリデーシーズンに向け強気>

アップルは第1・四半期(10━12月期)について、売上高を635億━665億ドルと見込んでいる。トムソン・ロイター・エスティメーツのアナリスト予想は635億2000万ドル。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT