アジア太平洋地域のソブリン格付けは「安定的」から「ポジティブ」へ《ムーディーズの業界分析》


[+]画像拡大

堅調な景気回復は、アジア太平洋地域の信用力のポジティブ要因

アジア太平洋地域の景気回復の特徴は、グローバルな危機を経験しても、政府のバランスシートの毀損が最小限かつ容易に回復できる程度で済んだことである。歳入の確保は景気と順循環的な関係にあるため、政府債務を抑制するためには継続的な景気拡大が重要である。この要因が政府歳入の拡大を助け、危機下での大規模な景気対策による債務増加の影響を緩和してきた。

また、景気が堅調に回復してきたため、金融緩和政策を継続する必要性が低下した。その結果、アジア太平洋地域の財政再建は、米国やユーロ圏の先進国に比べ、速いペースで進むだろう。これに伴って、同地域の大半の国では債務の安定化という効果も発生するとみられるが、日本は例外である。

[+]画像拡大

中国と米国の景気見通しが最も顕著なリスク要因

アジア太平洋地域の経済は、グローバルな金融ショックの影響を受けにくくなっているが、同地域の貿易中心の経済は、中国の景気減速の長期化や、米国あるいはEUの経済成長の一層の停滞という極端なテールリスク(発生確率は低いが発生すると巨額の損失となるリスク)に対して脆弱であるとムーディーズはみている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT