香港のデモ長期化、「一国二制度」の正念場

試される中国指導部の度量

しかし、海外メディアも多く、開かれた都市である香港で暴力的な鎮圧を行えば、金融センターとしての香港の評価を大きく下げかねない。また、9月の世論調査では中国政府を「信頼できない」とする香港市民の比率が過去最高の52%に達した。

ここで強行策に出ることは、香港市民と中国政府の溝を決定的なものにするおそれもある。中国が香港と同じ「一国二制度」での統一を呼びかけている台湾との関係にも大きな影響を与えてしまう。

梁長官には不正資金の疑惑も浮上

なお梁長官には、豪州企業から不正資金を受け取ったとの疑惑が浮上。今回のデモとは別の名目で退陣に追い込まれる可能性も出てきた。

香港経済に詳しいSMBC日興証券の肖敏捷シニアエコノミストは「香港の国際金融センターとしての機能は、ルール整備が遅れている上海では代替できない。人民元の国際化が進まない現状では香港ドルの存在も不可欠」と語る。

中国のほかの都市では実現できない環境が香港にあったからこそ、中国は「一国二制度」を認めてきた。香港の独自性を維持できるかどうかは、いっそうの市場経済化を目指す中国の未来にとっても重要だ。中国指導部の度量が試されている。

 (週刊東洋経済10月18日号(14日発売)「核心リポート03」を転載)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT