【産業天気図・半導体】DRAM価格ジリ安。テレビ等の動向も不透明で後半減速へ

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

 半導体・製造装置業界の景況感は前半の2010年10月~11年3月が「晴れ」、後半の11年4月~9月が「曇り」に後退しそうだ。世界経済の2番底懸念とともに、DRAM価格が下がり始めている。足元の市況はまだ十分に利益が出る水準だが、薄型テレビなど最終製品の販売減速が懸念材料だ。

半導体市況は4~6月には2ドル台後半だった大口のDRAM価格(DDR3)が、すでに2ドル前半まで落ちている。価格の先行きには強気と弱気の見方が混在しているが、現状では弱気が優勢でジリジリと下がっている。

エルピーダメモリの業績も、4~6月期をピークに7~9月期は減益に。ただ対前年同期比では大幅増益である。10月~11年3月はDRAM価格は1ドル中盤までの下落ならば、微細化の進展により比較的高水準の利益は確保できると見ている。ただ、DRAMメーカーの増産が順調な一方、リーマンショック後のようにパソコン需要が急縮小すれば、また利益が出ない事態もありうるが、現時点では可能性は高くないのではないか。

NANDフラッシュメモリはDRAMよりも堅調が予想される。主要アプリでは一番勢いがあるスマートフォンが需要を牽引していること、主要供給者がDRAMよりも限定されるため。このため、東芝の半導体事業は大きな崩れはなく増益を確保できる見通しだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT