「怖い絵」で人間を読む 中野京子著

「怖い絵」で人間を読む 中野京子著

絵画の正しい鑑賞法は、予備知識なしで作品に向き合うことと教えられる。これでは、気に入った作風の絵ばかり見て飽きるのが関の山と、著者は考える。そこで、「怖さ」の視点から西洋名画33点を選び、その絵が生まれた“時代の目”によって、人間心理の奥底に眠る「恐怖」の側面を浮かび上がらせようとする。

たとえば巻頭のベラスケスによる、スペイン・ハプスブルク家の王子の一見かわいい肖像画。ろうのような白い手がいすの背に「くたっと置かれ」、「はかなげな、でも奇妙なほどに老成した、現世を離れた表情」の女児服姿は何を意味するのか。現代の目や感性を超えた読み解きが進められる。臨場感たっぷりの時代・人間探訪にもなっている。

NHK出版生活人新書 1155円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。