「怖い絵」で人間を読む 中野京子著

「怖い絵」で人間を読む 中野京子著

絵画の正しい鑑賞法は、予備知識なしで作品に向き合うことと教えられる。これでは、気に入った作風の絵ばかり見て飽きるのが関の山と、著者は考える。そこで、「怖さ」の視点から西洋名画33点を選び、その絵が生まれた“時代の目”によって、人間心理の奥底に眠る「恐怖」の側面を浮かび上がらせようとする。

たとえば巻頭のベラスケスによる、スペイン・ハプスブルク家の王子の一見かわいい肖像画。ろうのような白い手がいすの背に「くたっと置かれ」、「はかなげな、でも奇妙なほどに老成した、現世を離れた表情」の女児服姿は何を意味するのか。現代の目や感性を超えた読み解きが進められる。臨場感たっぷりの時代・人間探訪にもなっている。

NHK出版生活人新書 1155円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT