プチプラ服でも素敵に着こなす人が外さない鉄則 ブランドや値段、顔立ちやスタイルの差を覆す

印刷
A
A
プチプラ服でも高く見える人と高い服でも安見えしてしまう人の決定的な差とは?(写真:【IWJ】Image Works Japan/PIXTA)
「せっかく高い服を買っても、安い服に見えてしまう」人もいれば、「プチプラ服を買っても、ブランド服のように見える」人もいます。また、年齢を重ねると去年までは似合っていたはずの服が、今年着るとなんだか違和感……と感じること人も少なくないはず。その違いは、服そのものではなく、着こなしに原因があるのかもしれません。
『手持ちの服でなんとかなります』の著者で、人気パーソナルスタイリストの杉山律子氏が、新たにお金をあまりかけずに、手持ちのクローゼットにある服でもオシャレに着こなせるプロのコツを紹介します。

自分と服がキレイに見える「いいシワ」を作り出す

(出所)『手持ちの服でなんとかなります』(サンマーク出版、以下同)

(外部配信先では画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

写真のワンピースは、1枚でそのまま着ることもできますが、ウエストマークしてシワを作り、動きを出してみました。袖もたくし上げて手首を見せ、たるませることでより表情をつけています。比べるとよくわかりますが、シワを出して着たほうがスタイルよく、素敵に見えませんか?

下に仕込んだボトムスにも注目してください。これがぴったりしたレギンスやタイツだったらどうでしょう? 私の場合、O脚を気にしていて、ぴったりしたボトムスだと、そのフォルムがリアルに出すぎてしまい、人様にお見せできません......。写真で穿いているテーパードパンツだと、ほんのちょっとの隙間があることで、脚の形がカモフラージュできますし、「じつは、細いの?」と錯覚して見せる効果があるんです。大人が着て素敵に見えるには、フィットしているよりも、少し余裕があるくらいのサイズ感が不可欠です。

身体と服の間の隙間感、服の中で体が心地よく動かせるほどの余白感、これがとっても大事です。これを私は「ちょいゆる」と呼んでて、その効果はマイナス3キロ&マイナス3歳ぶんくらいと見積もっています。

次ページ基本、服はそのまま着ない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT