14の精神疾患と闘ってきた47歳彼女の壮絶な半生 ライター歴24年、初めての単行本に込めた願い

印刷
A
A
フリーライターの瀧本容子さん(写真:筆者撮影)
この記事の画像を見る(3枚)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむが神髄を紡ぐ連載の第101回。

14もの精神疾患と闘った半生を著書にまとめた

瀧本容子さん(47)は23歳からフリーライターをしている。ペンネームでは“タッキー”を名乗っていることも多い。昨年、ライター歴24年目にして、初の単行本を上梓した。

この連載の一覧はこちら

『アイアム精神疾患フルコース』(彩図社)という強烈なタイトルの本だ。本の内容は、タイトルのとおり、パニック障害、統合失調、感情障害、睡眠障害、薬物依存症、摂食障害、アルコール依存症……など、14もの精神疾患と闘ってきた、瀧本さんの半生がつづられている。

ただ、ジメジメと暗い雰囲気ではない。もちろん、日々の生きづらさや、薬物の離脱症状(薬物をやめる時に起こる禁断症状)のつらさなどはリアルに語られるが、全体的にはさらりと明るい。

インタビュー時に、彩図社の編集部でお会いした瀧本さんも、ルポと同じようなさらっと明るい人という印象だった。

瀧本さんがどのような人生をたどってフリーライターになり、そしてこの1冊を上梓することになったのかを聞いた。

瀧本さんは大阪で生まれ育った。

「父親はほとんど家にいなくて、誕生日とかにプレゼントをくれるどっかのオジサンという感じでした。お父さんという感じがわからなくて、学校で父の日に、

『お父さんの絵を描きましょう』

って言われて、困っていました」

瀧本さんは、実質母子家庭で育った。

「母はとにかく私がいるのが気に食わない、存在が気に食わない、という様子でした。母の後ろにいるとぶん殴られたし、普段は徹底的に無視されました。子供時代には、母親の笑顔を一度も見たことはありませんでした。

そんな母親のことはすごく怖かったんですけど、それでもすごく好きだったんですよね」

瀧本さんの兄は、母親からそのような暴力は受けておらず、

「なぜ、私だけ暴力を受けるのだろうか?」

と子供心に疑問を感じていた。

次ページ疑問は20歳を越えてから判明した
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT