アップル、新型iPadの狙いとは?

タブレット市場の再活性化を目指す

 10月15日、米アップルは年末商戦を前にタブレット端末「iPad(アイパッド)」の最新機種を16日に発表する見通し。サンフランシスコで4月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[シアトル 15日 ロイター] - 米アップルは年末商戦を前にタブレット端末「iPad(アイパッド)」の最新機種を16日に発表する見通し。従来よりも薄型で、機能が充実しているとみられるが、タッチスクリーン型の携帯端末は米国などで飽和状態に近づいているため、消費者の購買意欲を刺激できるかどうかは不透明だ。

調査会社ガートナーによると、タブレット端末の今年の販売台数は11%増加と、前年の55%増から伸びが大きく鈍化する見込み。一方で、スマートフォン(スマホ)の販売は引き続き大幅に拡大する見通し。

アップルは4年前にアイパッドを投入し、タブレット端末の市場を形成したが、足元では2四半期連続でタブレット端末の販売が減少している。投資家の注目度が高いのはスマホ「iPhone(アイフォーン)」ではあるが、アイパッドの不調が長引けば、アップルの売上高の約15%に影響が出ることになる。

デスティネーション・ウエルス・マネジメントのマイケル・ヨシカミ最高経営責任者(CEO)は、「市場は飽和しているので、(アップルが)状況を好転させることはできないだろう」と指摘。「新たな端末は、買い替えサイクルにつながるほどの新鮮味はないだろう」とした。

米国の半数以上の世帯は1台以上のタブレット端末を所有しており、ガートナーのアナリスト、北川美佳子氏によると、半数を超えて市場を拡大させるのには時間を要する。

タブレット端末から大型化するスマホや軽量化されたノート型パソコン(PC)に消費者が流れているという側面もある。ガートナーはアップルの「MacBook Air(マックブック・エア)」や中国レノボの「ヨガ」といった「ウルトラモバイル・プレミアム」PCが来年、最も急成長が見込まれると予想している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT