インド通販、ソフトバンクなどから資金調達

スナップディールが攻勢

 10月15日、インドのネット通販会社スナップディールが、ソフトバンクなど既存株主からの資金調達を準備している。ニューデリーのスナップディールのオフィスで2012年3月撮影(2014年 ロイター/Parivartan Sharma)

[ムンバイ 15日 ロイター] - インドのネット通販会社スナップディールが、ソフトバンク<9984.T>など既存株主からの資金調達を準備している。調達にかかわる3人の関係筋が明らかにした。規模は6億―6億5000万ドル程度とみられ、来週にも発表される見通しだという。

インドの電子商取引(eコマース)会社による資金調達では、7月にフリップカートが実施した10億ドルに次ぐ規模となる。

スナップディールとソフトバンクはコメントを拒否した。

スナップディールには、米電子商取引大手イーベイやシンガーポールの政府系投資機関テマセク・ホールディングス[TEM.UL]なども出資している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。