インド通販、ソフトバンクなどから資金調達

スナップディールが攻勢

 10月15日、インドのネット通販会社スナップディールが、ソフトバンクなど既存株主からの資金調達を準備している。ニューデリーのスナップディールのオフィスで2012年3月撮影(2014年 ロイター/Parivartan Sharma)

[ムンバイ 15日 ロイター] - インドのネット通販会社スナップディールが、ソフトバンク<9984.T>など既存株主からの資金調達を準備している。調達にかかわる3人の関係筋が明らかにした。規模は6億―6億5000万ドル程度とみられ、来週にも発表される見通しだという。

インドの電子商取引(eコマース)会社による資金調達では、7月にフリップカートが実施した10億ドルに次ぐ規模となる。

スナップディールとソフトバンクはコメントを拒否した。

スナップディールには、米電子商取引大手イーベイやシンガーポールの政府系投資機関テマセク・ホールディングス[TEM.UL]なども出資している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT