インド通販、ソフトバンクなどから資金調達

スナップディールが攻勢

 10月15日、インドのネット通販会社スナップディールが、ソフトバンクなど既存株主からの資金調達を準備している。ニューデリーのスナップディールのオフィスで2012年3月撮影(2014年 ロイター/Parivartan Sharma)

[ムンバイ 15日 ロイター] - インドのネット通販会社スナップディールが、ソフトバンク<9984.T>など既存株主からの資金調達を準備している。調達にかかわる3人の関係筋が明らかにした。規模は6億―6億5000万ドル程度とみられ、来週にも発表される見通しだという。

インドの電子商取引(eコマース)会社による資金調達では、7月にフリップカートが実施した10億ドルに次ぐ規模となる。

スナップディールとソフトバンクはコメントを拒否した。

スナップディールには、米電子商取引大手イーベイやシンガーポールの政府系投資機関テマセク・ホールディングス[TEM.UL]なども出資している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。