東宝、『アナ雪』だけではない好決算の理由

下期には映画版『妖怪ウォッチ』が控える

好業績に沸く東宝。下期には『妖怪ウォッチ』の劇場版が公開を控えている (C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2014

『アナと雪の女王』(3月公開)の記録的ヒットに沸いた2014年前半の映画業界。ただ、どの大手映画会社もこのヒットを満喫できているかというと、実はそうでもない。

松竹はアナ雪に加え、『超高速!参勤交代』や『ホットロード』など配給作品のヒットを受け、10月10日に2015年2月期の業績見通しを上方修正した(営業利益で46億円→64億円)。だが、昨年4~6月の歌舞伎座こけら落とし公演に伴う3部公演が、今年は通常の2部公演となった影響を補うには至らず、前期比24.5%の営業減益を余儀なくされる見通しだ。

また東映も、2013年にヒットした劇場版『ドラゴンボールZ』や、その関連商品の販売が減少するなど、今期は端境期のシーズン。下期には、モントリオール世界映画祭で審査員特別賞などを受賞した吉永小百合主演の『ふしぎな岬の物語』など期待作が公開されるが、前期比28.2%の営業減益が想定されている。

東宝だけが営業増益に

つまり、松竹も東映も、アナ雪のヒットだけでは前年度の一過性のプラス要素が剥落する影響を埋めきれていない。そんな中、絶好調なのが東宝だ。10月7日には、それまで前期比17.3%の営業減益と想定していた2015年2月期業績予想を、一転して同0.5%の営業増益へ上方修正を発表した。純利益は同11.8%増の198億円と過去最高を更新する見込みだ。

次ページ牽引役になったのは?
人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。