東宝、『アナ雪』だけではない好決算の理由

下期には映画版『妖怪ウォッチ』が控える

東宝の今期は出足から好調だった。3月に公開した『ドラえもん』や4月公開の『名探偵コナン』など、定番のアニメ作品が興行収入30億~40億円と好調だった。さらに、『テルマエ・ロマエⅡ』も40億円を超えるヒットとなった。ただ、それでも会社側は、今期は減益となるとの厳しい見立てだった。

その理由は、夏に高いハードルが控えていたためだ。昨年7月に公開となったスタジオジブリ映画『風立ちぬ』。宮崎駿監督の長編映画引退作品として注目を集め、興行収入120億円を記録した大ヒット作品だ。この高い壁を越えるのが難しいとの判断で、減益予想を継続していた。

『風立ちぬ』の壁をクリア

だが、ふたを開けてみれば、大幅な超過となった。アナ雪以外にも、夏に公開したハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』や、ジブリ作品『思い出のマーニー』などが着実な結果を残したこと、そして8月8日公開の3D映画『STAND BY ME ドラえもん』が想定を上回るヒットとなったからだ。

中でも『STAND BY ME ドラえもん』は、いい意味で期待を大きく裏切った映画だった。「ドラえもんシリーズは毎年春に上映している。年2回やって、どれだけ見てもらえるか」と、社内からは不安の声が聞かれていた。だが、そんな懸念はどこ吹く風、同作はシリーズの中で最大のヒットとなった。

3Dドラえもんは業界内でも評価が高い。「昔に見たドラえもんが帰ってきた」と、40代後半のアニメ制作会社の幹部は興奮気味に話す。「アニメのドラえもんは子供が中心だけれど、STAND BY MEは大人向けで、マーケットが違うのがよかった」(同)とヒットの理由を分析する。

上期に多くのヒット映画を出し、最高益を射程に入れた東宝。下期に入った9月以降も、快進撃は続いている。まず3Dドラえもんが9月以降も順調に興行収入を上げている。公開から9週を超えても週間ランキングのトップ3に入っており、興行収入は80億円に迫っている。

また8月30日に公開された実写版『ルパン三世』も大健闘を見せている。コアなファンが多いアニメ作品の実写版である点や、アニメでおなじみのルパン三世のテーマ曲が使えないなどのハンデもあり、前評判では興行的には厳しいとの声が聞かれていた。だが、すでに興行収入は20億円と、東宝がヒットと判断する水準をクリアしている。

次ページ後半戦の展望は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT