会話中「相手のどこを見るべきか」迷わない方法 キョロキョロも凝視も不自然、見るべき場所は

印刷
A
A

そこでおすすめしたいのが、「ベスト・トライアングルの視線」です。

ベスト・トライアングルとは、相手の方の両目と喉元を結んだ三角形のこと。このベスト・トライアングルを意識して視線を投げかけると相手に威圧感を与えずに、かつ視線が外れた印象を残さずに〝しっかり話を聞いていますよ”という姿勢をアピールできます。

画像:『知的で気品のある人がやっている 気くばりとマナー』より 

好印象のポイント

ポイントはこのトライアングルをぼーっと見ることです。

右目、左目、喉元と、点を意識して見つめるのではなく、この三角形をぼーっと見るのです。すると、目線をずらすことなく柔らかな視線をつくることができ好印象を与えることができます。

次ページ面接でも使える!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT