富士山噴火なら新宿で灰が10cm積もり首都マヒも

17年ぶりに富士山噴火時のハザードマップ改定

富士山の噴火について、国や自治体は危機感を高めているという(写真:まちゃー/PIXTA)
この記事の画像を見る(6枚)

南海トラフ大地震ほどには注目されていない富士山の噴火だが、国や自治体では危機感を高めている。大規模に噴火すれば、100兆円以上の被害になるとの予測もある。周辺の自治体だけでなく、首都圏にも大きな被害をもたらす可能性も出てきた。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「過去の富士山噴火では、従来の想定していたよりも2倍もの溶岩が流れ出ていたことがわかりました。最悪の事態を想定してハザードマップを改定したところです」

こういうのは山梨県火山防災対策室の担当者だ。山梨、静岡、神奈川3県などでつくる富士山火山防災対策協議会は今年3月、17年ぶりに富士山噴火時のハザードマップを改定した。

従来想定していたのは宝永噴火(1707年)の溶岩流の量7億立方メートルだったが、地質調査の進展などによって、貞観噴火(864~866年)ではおよそ2倍量にあたる13億立方メートルも出ていたことがわかった。

富士山は、いつ噴火してもおかしくない活火山

富士山はかつて休火山と見られていたが、全国の火山活動を評価する火山噴火予知連絡会が1975年に活火山として選定。いつ噴火してもおかしくない活火山に指定されている。現在、活火山の数は111あるが、そのうちの50は気象庁に噴火の兆候がないか監視されている。富士山もその一つだ。しかも富士山は最後の噴火からかなり時間が経っており、次がいつおきてもおかしくない状態だと専門家らは口をそろえる。

気象庁がまとめた資料によると、古文書などで富士山の噴火が確認できるのは781年から。今日までに17回、噴火と見られる現象があったとされる。その中で大規模に噴火したのは、貞観噴火と、宝永噴火だ。

この二つ噴火に関する地質調査が進むにつれ、被害想定も大きく変わった。想定される噴火口の数は、従来の44か所から252か所に大きく増加。溶岩が到達する可能性のある地域も、以前は静岡県と山梨県の15市町村だったが、神奈川を含む27市町村に拡大した。

次ページ富士山噴火のシミュレーション
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT