投資家が参考にすべき「12%の法則」とは何か

相場はついに「大天井」を打ってしまったのか

大発会こそ上場の滑り出しだったが、その後急落した株式市場。相場はついに「大天井」を打ったのだろうか(写真:つのだよしお/アフロ)

2021年の日経平均株価の終値は2万8791円71銭だったが、2020年の終値2万7444円17銭に対して、1347円54銭(4.9%)高でしかなかった。

片やNYダウはどうか。2020年12月31日の終値3万0606ドル48セントに対して、2021年同日では3万6338ドル30セント。年間では5731ドル82セント(18.73%)高となっている。

さらに、リーマンショック(2008年9月)後の「ダメ押し底」6547ドル(2009年3月)から2021年12月29日の史上最高値3万6432.22ドルまで約5.6倍となっており、足かけ13年にわたる大相場の最中だ。

しかも、新型コロナウイルス感染拡大によるサプライチェーンの混乱によるものとはいえ、高いレベルに突き上げられた消費者物価により、金融政策は緩和縮小から利上げへと進む。1月5日に発表されたFOMC(連邦公開市場委員会)の議事要旨(2021年12月14・15日開催分)により、早い段階でのFRB(連邦準備制度理事会)保有資産の圧縮懸念まで出ている。

投資家の「大天井懸念」は正しいのか

当然、多くの投資家の心の中には、上昇14年目にして相場が終わる「大天井(おおてんじょう)懸念」が生まれている。したがって、少しの事象に対して過度な反応をすることになり、2022年は2021年よりも上げ下げの激しい年になることが考えられる。

このとき、それが短期的な下げか、相場が後退期に入る大きな流れの入口かの判断で、今年の投資成果は天と地に分かれる。筆者は、今回のインフレ率による波乱に対しては、次のように考える。

まず重要なことは「インフレそのものは企業にとって敵ではない」と考えるべきだ。「敵は価格転嫁できなくなる」ことである。価格転嫁ができれば、高インフレは企業に莫大な利益をもたらす。単にインフレ率だけで下げたところは、押し目買いのチャンスと考える。

次ページ政策金利引き上げにも驚いてはいけない
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT