iPhone6とXperia Z3、動画に強いのは?

ベルリンからプラハへ、製品レビューの旅<4>

この後、動画撮影しながら周囲を歩いてみたのだが、見事に安定したブレ補正がされる。なるほど、世界でもっとも多くのカムコーダを作っているのはソニーだったとあらためて思わされる出来だ。

さてプラハでの一日を終え、その夜に発表されたのが、この連載でも度々登場しているiPhone 6シリーズであるが、同時に発表された製品がある。もしかすると、もう忘れているかもしれないが、アップルは歴史を変えるほどすばらしいスマートウォッチを開発したとして「Apple Watch」を発表した。

この旅ではソニーがIFAで発表した最新Google Wear搭載のSmart Watch 3を同行させていたが、ある意味、アップルの言い分は正しいとも感じた。しかし、一方でSmart Watch 3の方が優れている部分もあり、他方では”どちらもダメじゃないか”という意見も頭をよぎった。

スマートウォッチというジャンルは成立するか

東洋経済オンラインでも当時の発表について記事を書いたが、それを読んで筆者がApple Watchを絶賛したように見えた人もいたかもしれない。しかし、よく読んでいただきたいのは「スマートウォッチとしては」新しく製品を定義し直すようなイノベーティブな製品だと書いている点だ。しかし、そもそも”スマートウォッチ”というジャンル商品には、どこまでの市場性があるだろうか?

その疑問に対してなるほどと思える回答を示してくれた製品があった。それがソニーのSmartBand Talkだ。なぜそう思ったのかは、次の街、ドレスデンへと向かう道すがらに報告をしたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。