iPhone6とXperia Z3、動画に強いのは?

ベルリンからプラハへ、製品レビューの旅<4>

プラハに限った話ではないが、欧州の観光都市ではセグウェイを使ったガイド付きツアーが実施されているところが少なくない。プラハの場合、市街地にも多少のアップダウンはあるが、何より観光の目玉のひとつであるプラハ城が丘の上にあり、また川を挟んで少し離れた場所にあるので、一気に観光しようと思うとちょっとしたハイキングになる。

その点、セグウェイならば、多少の急坂でもグングン登ってくれ、丸一日かけてもなかなか難しい、観光名所一巡ツアーを3時間ほどでこなすことができる。僕が使ったのは、たまたまホテルの隣で見つけたGreen Lemon。3時間のツアーガイド+セグウェイレンタルで60ユーロというお値段。短期間の滞在はもちろん、長期滞在の場合も初日に案内してもらっておくと、以降の観光がとても楽になる。プラハには他にもいくつかのセグウェイを用いた観光サービスがあるので、訪問予定があるならば探してみるといいだろう。

パナはGoProの成功を別の角度から追った

パナソニックのHX-A500

このセグウェイツアーで活躍してくれたのが、パナソニックのHX-A500だ。4Kでの毎秒30フレーム録画が可能な、現時点でもっとも高性能なウェアラブルカメラだが、今回はフルHDで撮影している。フルHDの毎秒30フレームモードで、強力な電子手ぶれ補正機能が使えるからだ。

この製品を取り上げたのは、GoProのHeroシリーズがもたらした高画質アクションビデオカメラというジャンルを、JVCがスポーツカム、ソニーがアクションカムの名前で、ほぼそのまま後追いしたのに対し、別の角度・視点で挑んだ製品だからだ。それはGoPro自身が悩んでいるテーマでもある。

次ページGoProの特徴とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。