すき家、「ワンオペ解消」の目算が外れたワケ

なぜ深夜営業の大量休止に追いこまれたのか

都内の24時間営業店舗。深夜営業を休止する店舗は全国で1000を超す。

小川賢太郎会長兼社長の目算は大きく外れてしまった。ゼンショーホールディングス(HD)は10月1日から、全国で展開する牛丼チェーン「すき家」の6割にあたる1167店で深夜営業(主に午前0時~5時)を休止することになった。

労働環境の改善を図るため、同社が設置した第三者委員会は、7月末に公表した報告書の中で、接客から清掃、調理などすべて一人でこなす一人勤務体制(ワンオペ)を「過酷なもの」と指摘。「深夜時間帯における一人勤務体制の解消を早急に実現すべき」と提言していた。

8月の”公約”を実行

第三者委の提言を受けて、ゼンショーHDは8月6日、深夜の複数勤務体制が整わない店舗は10月1日以降、深夜時間帯を中心に営業休止する方針を打ち出した。同時点で深夜帯のワンオペ店舗は940店。この店舗すべてで人手が集まらず10月以降に深夜営業を休止するというワーストシナリオに基づいて、2015年3月期の業績見通しを下方修正した。ただ、小川会長は会見で「地域採用と近隣店舗のやりくりでまずは半分。460~470店にはすぐに(複数勤務体制に)持っていけるのではないか」とも話していた。

8月6日に会見を行ったゼンショーHDの小川賢太郎会長兼社長(写真右)と事業会社すき家本部の興津龍太郎社長

ところが、10月までにワンオペを解消できたのは110店強。8月に打ち出した方針に基づき、ワンオペを解消できなかった800以上の店舗が新たに深夜営業を休止したことで、営業休止店舗は1000以上に拡大。すき家の総店舗数は1981店だが、24時間営業体制の店舗は589店まで減少した(10月1日時点)。 

小川会長の目算が大きく狂った理由は複数ある。一つは深夜帯に働く人員が集まらなかったことだ。第三者委の調査報告書が公表された7月末以降、すき家のアルバイト採用人数は、ほぼ平年並みに推移し、離職人数も同様だった。ただ、採用の内訳をみると、「圧倒的に昼に偏り、深夜帯の人員確保は厳しかった」(ゼンショーHD)という。

次ページ目算が狂った理由はほかにも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。