『バイオハザードIV アフターライフ』--日本経済のゾンビ化を阻止せよ《宿輪純一のシネマ経済学》

最近、ゾンビ映画が流行している。この『バイオハザード』も名前こそ「アンデッド(Undead)」と違えども、ゾンビ映画の一つ。『バイオハザード』は、そもそもは日本のゲームが映画化されたものだ。
 
 そういったこともあって、このシリーズ4作目は東京、それも渋谷のハチ公前交差点からスタートする。ワールドプレミアも東京が最初ということで、海賊版対策として、会場に入る際には、携帯電話を回収され、金属探知機をくぐらされるなど大変であった。
 
 本シリーズは、また主人公の女性ミラ・ジョヴォヴィッチの映画でもある。彼女は東欧(旧ソビエト連邦)のウクライナの首都キエフの出身で現在34歳。若くして母親とロンドン、モスクワを経てロサンゼルスに出てきてモデルとなった。
 
 ミラ・ジョヴォヴィッチは、名監督リュック・ベッソンの『フィフスエレメント』『ジャンヌダルク』などで名を馳せた。リュック・ベッソンとは2年間結婚していた。現在の旦那さんは本作品の監督で、一子の母でもある。

今回初めてお会いしたが、肌は本当に白く、脚を強調するファッションのせいか、脚の長さが身長の6割もあるように見えて驚いた(私と逆の比率である)。ワールドプレミアの時の彼女は極めて陽気な方で、少々驚いた。本作品の話になると「みんな、準備OK? シートベルトしないとけがをするわよ!」といきなり叫んでいた。本作は“3D”でもあり、ほんとうに引き込まれるアクション巨編だ。

『バイオハザード』シリーズのそもそもの作りは、巨大な製薬会社アンブレラ社が開発中の細菌兵器「T−ウィルス」で人々がゾンビ化したというもの。ゾンビのお約束であるが繁殖力が強い。他の人間をかむなどして増殖し、頭部にダメージを与えないかぎり死なない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT