マイクロソフト、新OS「Windows10」とは?

2年前の8から9を飛ばして10へ

 9月30日、米マイクロソフトは次期OSを「ウィンドウズ10」と名づけた。写真は同社のロゴマーク。プラハで2013年3月撮影(2014年 ロイター/David W Cerny)

[サンフランシスコ 30日 ロイター] - 米マイクロソフトは30日、新たな基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を発表した。前回2年前の「8」から「10」へと飛躍的に進化したと強調。タブレットから携帯電話、従来型パソコンなど、あらゆる仕様に対応した新しいOSを打ち出すことで、利益の多い法人顧客の再取り込みを狙う。

OS部門の責任者を務めるテリー・マイヤーソン氏はこの日開かれた発表会で、「10」は過去最高の法人向けプラットフォームになるとした上で、「Xboxからパソコン、電話、タブレットなどに至るまで、顧客が理由する各種デバイスに対応する」と語った。

ある調査会社の調べによると、前回「8」に乗り換えた企業の割合は全体の2割にとどまっており、マイクロソフトにとって法人顧客にいかにアピールするかが課題となる。

こうしたなか、アナリストの間では「大掛かりな発表ではあったが、まだかなり日が浅く、ユーザーが期待していたほどの中身は今のところ見えてこない」(FBRキャピタル・マーケッツのダニエル・アイブズ氏)との慎重な声が目立った。

前出のマイヤーソン氏によると、発売の時期や方法は未定。翌1日以降、同社のウェブサイト上で試用版がダウンロードできるという。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT