一肌ぬげるかどうかが人脈の決め手になる--『人脈のできる人』を書いた高田朝子氏(法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科准教授)に聞く

一肌ぬげるかどうかが人脈の決め手になる--『人脈のできる人』を書いた高田朝子氏(法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科准教授)に聞く

仕事のできる人になるには人脈作りが早道とばかりに、人脈ノウハウ本が引きも切らず刊行されている。著者は、「早い、簡単、うまい」という人脈作りに異議を唱え、「互いに一肌ぬぐ」人脈こそ本筋と説く。

--人脈ノウハウ本はたくさんあります。

確かにいっぱい出ている。それらの多くは著者を人脈作りの神様に見立て、そのマネをすればいいというもの。それはいかがなものかと思っていた。もともと人脈は自ら工夫して作る、あるいは結果としてできたはずだ。

ビジネススクールの学生を見ていると、やたら人脈という言葉が好きだ。法人派遣では勉強はともかく人脈を作って来いと送り出してくるところも多い。そういう人たちは、たとえば群れて飲めば互いに人脈と言い切ったりする。それはあまりに無邪気で、これはいかにも違う。

肩書きや経歴、紹介による人脈は知れている。相手とは長期の関係になってこそ人脈。人脈は「生き物」と肝に銘じたほうがいい。

--人脈を定義しています。

私は「一肌ぬぐ」をキーワードにしている。目先のギブ・アンド・テークの関係ではない。ともに「一肌ぬげる」かどうか。一口で言えば、「将来、自分のために好ましい行動をとってくれると期待が持てる人」ということになる。

人脈構築に「お返し」という人間の基本的性格が関係している。人から恩恵を受けると負担に感じ、「お返し」を考える。機会をとらえて相手のために働こうとし、自分の心の中で平等性を維持しようとする。だから、長期的なものにもなる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東大 京大 合格者ランキング<br>平成31回の入試で浮かぶ名門校

平成の31年間に東大、京大の合格者を多く出した学校はどこか。東大王者は不動の開成だったが、京大トップは洛星、洛南、西大和に北野と近年は激戦。ゼロから名門校にのし上がった学校も。勢力図の変遷が透ける各200校リストをご覧あれ。