【映像解説】文部科学省が作り出した就職氷河期

【映像解説】文部科学省が作り出した就職氷河期

文部科学省が8月5日に発表した学校基本調査で、2010年春に卒業した大学生の就職率が前年に比べて7.6ポイント下落して、60.8%となったことがわかった。

また、就職も大学院などへの進学もしなかった学生は8万7085人で、前年より1万9191人も増加した。

過去にはもっとひどい数字があるので、氷河期と言えるかどうかわからないが、就職難であることは間違いない。

就職難の原因の1つがリーマンショック以降の不況であることは言うまでもないが、根本的な理由は大学生の急増にある。

少子化が進んでいるのに、ここ20年間で大学数は271も増加した。安易に大学の新設を認めてきた文部科学省の罪は重いと言わざるをえない。

最新情報を東洋経済HRオンライン編集長の田宮寛之がビデオで解説。

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。