色や太さ、デザインを選べる“自分仕様”の多色ボールペン

東急ハンズ新宿店・文具売り場の一角に、常時客足の絶えないエリアがある。客の視線を集めているのは、インクの色や太さ、本体のデザインを自分で選ぶ新しいタイプの多色ボールペンだ。

初登場は2005年。パイロットコーポレーションが投入した「ハイテックCコレト」だ。それまで多色ボールペンといえば、黒・赤・青が中心で、本体も太く、いかにも事務用品の印象だった。そこで「女性向けに細身で色を選べるペンのニーズがあると考えた」(パイロット)。その後09年にぺんてるの「スリッチーズ」、三菱鉛筆の「スタイルフィット」が登場。スタイルフィットはシンプルな外観で、「サラリーマンからも人気が高い」(東急ハンズ)という。

スタイルフィットの場合、3色を選ぶと、価格は本体(157円)とインク(1本105円×3本)で計472円から。従来の3色ボールペン(315円)と比べ割高だ。それでも、「会社支給の備品が減り、どうせ自分で買うなら気に入ったものを、と考える顧客が増えたのでは」(三菱鉛筆)。

経済産業省によると、09年の文具販売額は1207億円。前年比226億円減少した。だが今回の多色ボールペンの場合、「供給能力の限界近くまで売れている」(三菱鉛筆)と人気は上々のようす。今後はさらなる認知度アップやユーザー拡大も課題になりそうだ。

(小河眞与 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2010年8月28日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT