秋田新幹線E6系が新登場、「なまはげ」へ愛称変更?

秋田新幹線E6系が新登場、「なまはげ」へ愛称変更?

JR東日本は7月9日、秋田新幹線の新型車両、E6系の量産先行車を報道陣に公開した。営業運転は2013年春を予定している。

これに先駆けて、来春に東北新幹線E5系「はやぶさ」が営業運転を開始する。国内最速の時速320キロメートルの性能を持つが、東京−盛岡間で秋田新幹線E3系「こまち」を併結すると、最高速度はE3系と同じ時速275キロメートルにとどまってしまう。これでは宝の持ち腐れとなるため、秋田新幹線でも時速320キロメートルを出せる車両が必要だった。

今回、お披露目したE6系は盛岡-秋田の在来線区間も走るため、東北新幹線よりもやや小ぶり。このサイズにE5系並みの性能を持たせるのは容易でなく、「搭載機器をコンパクトに作る必要があった」(JR東日本運輸車両部の田島信一郎氏)。開発費はE5系を上回る45億円を投じたという。

配色もガラリと変えた。フェラーリのデザイナーとして有名な奥山清行氏を起用した。赤をメインとした色使いはまさにフェラーリ。グリーン車もスポーティな自動車のシートを想起させる(上写真)。現行のE3系「こまち」がピンク色で女性的な配色なのに対し、E6系は男性的な印象だ。

グリーンがベースのE5系は、そのデザインが賛否両論だった。しかしE6系が連結すると、お互いに輝きを増すから不思議だ。

ボディカラーのあかね色は「なまはげをイメージした」(田島氏)。E5系に新愛称「はやぶさ」が与えられたように、E6系も現行の「こまち」とは別の愛称が付くかもしれない。
 (大坂 直樹 撮影:梅谷 秀司=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT