特種東海製紙の「シュ」は、なぜ「種」なのか?

特別な紙を作るトクダネさんの秘密

せっかくなので名刺交換がてらお話をしてみたいのですがと申し出ると、「彼らは名刺を持ちません」。

つまり、秘中の秘なのだ。彼らは名を伏せて奥の院の御簾の中で、すかし用の網を縫い続けている(イメージ)。2020年の東京五輪の入場券の紙のためにも、彼らが網を縫うことになるのではないか。

それにしても、すかしということはやはりあの噂は……。

ボクは今回の取材を取り仕切ってくれた、執行役員で特殊素材事業グループ営業本部長の大沼裕之さんに聞いてみた。本当は、紙幣用の紙をつくっているのではないですか。

とたんに、にこやかだった大沼さんが真顔になった。

答えは、やっぱりつくっていない。ここで紙幣用のすかし入りの紙をつくっているというのは、正真正銘、三島周辺の都市伝説だったわけだ。

ホログラムの抄きこみも

そもそも、紙幣に使われている「黒すかし」は2013年まで民間ではつくってはいけないルールになっていたそうだ。それでも都市伝説が生まれたのは、すでに触れた創業者の経歴のほか、これまで同社があまり取材に応じてこなかったせいではないかとのこと。

さらに、紙幣に匹敵するような紙をつくっているのも噂の理由かもしれない。商品券用や小切手用など、ホログラムや蛍光繊維を抄きこむなど、偽造防止仕組みを徹底的にほどこした紙もこの工場ではつくっている。どこの抄紙機でどんな風につくっているかはセキュリティの都合で内緒だそうだ。

社員の皆さんがどこかもじもじして見えたのは、ボクがその抄紙機も見たいと言い張ったら、どう断るかを考えていたかららしい。

ただ、つくっているところを見ても、そう簡単に真似できるわけではない。偽装するには抄紙機を買う必要があるそうで、つまり、事実上偽造は無理なのだ。

ただ、特種というミステリアスな名称と網縫という見えない存在には、紙幣用の紙をこっそりつくっているという都市伝説はふさわしいのではないかと勝手に思う。帰りのタクシーでドライバーに「紙幣用の紙をつくっているところを見てきたんだけど、あれはすごいね」などとホラをふいてみたくなった。もちろん未遂です。

(構成:片瀬京子)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • コロナウイルスの恐怖
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。