「大東亜帝国、MARCH…」誰がいつ名づけたのか?

実はたくさんある「大学グループ」誕生秘話

「大東亜帝国」など大学別のくくりは、いつ、誰によって名づけられたのでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)
この記事の画像を見る(2枚)

大学生の就職活動にとってSNSは欠かせないツールとなった。ネット、メールを駆使しての情報収集が、希望する会社から内定を得られるカギとなるといっていい。

就職情報会社・マイナビも学生にとって貴重な情報源となる。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

ところが今年12月、マイナビが就職活動中の学生約1万6千人に、「大東亜以下(9)」というタイトルが記されたメールを送信し、大騒ぎとなった。同社は誤送信であることを認めたが、ネットでは「大学間で格差をつけるようなもの」「学歴フィルター」という批判が出た。

「大東亜」は大東文化大、東海大、亜細亜大を指している。

そもそも、「大東亜」というくくりは、いつ、誰によって名づけられたのだろうか。

1970年代から1980年代にかけて登場

大学をその名称の一部をとって並べて、グループ分けして呼ばれるようになったのは、1960年代後半の「早慶上智」であろう。この頃、予備校が設置した「早慶上智コース」、受験関連の特集記事「早慶上智対策」などが見られた。

1970年代から80年代にかけて、「MARCH」(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)、「日東駒専」(日本大、東洋大、駒澤大、専修大)、「関関同立」(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)などのことばが受験業界に登場する。

「MARCH」は文部科学省の審議会議事録にも出てくる。

また、2011年、東京都教育委員会による「進学指導重点校等における進学対策の取組について」という報告書にも記載されていた。都立高校に「進学指導改善計画」を提出させ、難関大学への現役合格者の目標数値が掲げられている。

以下、2013年度の合格者目標だ。

*都立三田高校 国公立25人、早慶上理50人、MARCH150人
*都立竹早高校 国公立25人、早慶上理60人、MARCH140人
(上理は上智大、東京理科大)
次ページ「MARCH」「日東駒専」の発案者は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT