東京ベイエリアにある「知られざる廃線跡」を歩く

豊洲の貨物専用線は再開発でほぼ消えたが…

再開発により、そのほとんどが姿を消した東京ベイエリアの「廃線跡」をご紹介します
この記事の画像を見る(4枚)
鉄道の旅は楽しい。夫婦や気の置けない仲間との旅、駅の旅情を味わう旅や、流行りの廃線跡をめぐる旅――。
新著『シニア鉄道旅の魅力』では、シニア世代の鉄道旅行に詳しい著者が、奥深い大人の鉄道旅の楽しみ方を伝授しています。
本稿は同書より一部を抜粋・再構成しお届けします。なお、本稿の情報は同書執筆時点のものです。

東京ベイエリアにある「廃線跡」

東京ベイエリアには、かつては貨物専用線が縦横に走っていた。とくに豊洲周辺は工場が集積していたため、多くの貨物線が存在していた。そのほとんどが、再開発に伴い、跡かたもなく姿を消してしまったが、実は廃線跡がいくつか残っている。

その中で目を惹くのが、晴海通りの春海橋に並行して現在も架かっている「春海鉄道橋」だ。線路も敷かれたままであり、赤錆が目立つところから「赤橋」とも呼ばれる巨大な鉄道遺構である。

1989(平成元)年に廃止されてから30年以上経つものの、撤去されていないのだ。しかもローゼ橋と呼ばれるアーチ橋で、見とれてしまうほどに麗しい。老朽化が進んでいるものの、このまま残し、遊歩道として再活用する構想もある。

次ページ小学校の脇に線路跡
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT