AOKI、シェアオフィス拠点数首位に躍り出る秘策 ネットカフェがリモートワーク拠点に早変わり

印刷
A
A

他方、快活クラブもコロナ禍で客数が激減し営業赤字に転落。特に飲み会後の始発待ちや出張時の宿泊利用など、高収益の見込める深夜帯の客が減ったことが響いた。そこで持ち上がったのが、AWSとの相互利用だった。

リモートワーク目的の利用客には「アオキワークスペース」名義のレシートを出せるようにする(編集部撮影)

今年10月、快活クラブとAWSの併設店において、快活クラブの会員がオフィスの内覧や契約手続き不要でAWSを利用できるサービスを開始した。するとAWSは伸び悩んでいた時間利用の客が、快活クラブでは個室の利用客が、それぞれ増加した。

ただ、快活クラブをシェアオフィスとして利用する場合、1つ問題があった。勤務先に「快活クラブ」のレシートを出しても、経費として認められない可能性のあることだ。そこで今後は相互利用を拡大するとともに、快活クラブでもAWS名義のレシートが出せるようにする。シェアオフィス化のキモはまさにここにある。12月20日に100店舗に導入するのも、この会計時の「レシート出し分け」サービスとなる。

以前から存在したリモートワーク需要

快活クラブをシェアオフィスとして利用する動きは、以前からあった。バックオフィス業務を中心に人材派遣事業を手がけるキャスターの中川祥太代表もその一人。同社ではフルリモートワークを導入中で、中川氏も約4年前からリモートワークを行うが、その拠点はもっぱら自宅近くの快活クラブだ。

「以前はコーヒー屋でリモートワークをしていたが、声を発する電話や会議ができず不便だった」(中川氏)。一口にリモートワークといっても、メール対応などのデスクワークからオンラインミーティングまでさまざまだが、「日本はオンラインミーティングの時間が長いと感じる」(同)。そうなると、快活クラブの鍵付き・完全個室が力を発揮する。通信環境も、一般のシェアオフィスと同等のWi-Fi規格を使っている。

快活クラブは全506店のうち75%が郊外のロードサイド店。自宅の近くで気軽にリモートワークができる。名物のソフトクリームが食べ放題であることも、休憩中のちょっとした楽しみになる。

次ページ24時間営業も利点に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT