コロナ禍でも続々開業「シェアオフィス」大乱戦

2022年、渋谷に東南アジア版ウィーワーク参入

4月に開業したスタートアップ向けシェアオフィス「LAIDOUT SHIBUYA」(記者撮影)

「東南アジア版ウィーワーク」がついに日本に上陸する。

シンガポール発のシェアオフィス運営会社「JustCo(ジャストコ)」は2022年1月、東京・渋谷区の大型オフィスビル「渋谷ヒカリエ」の33階にシェアオフィスを開業する。

「第1号店は渋谷に出せればいいなと思っていた。渋谷には街の発信力があり、人を惹きつけるパワーがある」。ウィーワーク、リージャスとシェアオフィス企業を渡り歩き、現在はジャストコの日本カントリーマネージャーを務める鈴木省吾氏はこう話す。

第1号店は約670坪のフロアに、個室やコワーキングスペースなど約500席を配置する。詳細の設計はこれからだが、カラフルで賑やかな雰囲気の内装が目立つ他社のシェアオフィスとは一線を画し、ホテルのラウンジのような落ち着いた空間作りを目指す。今後2年間で都心部を軸に5拠点程度の出店を計画している。

東洋経済プラスの特集「シェアオフィス新潮流」では、この記事の続きを無料でお読みいただけます。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT