Apple Watch、すぐに発売しないワケ

アップルイベントで直接、触ってみて分かったこと

Apple Watchを腕に装着させてもらった。筆者が時々使っている自動巻のアナログ時計と比較すると、さほど重たくない。厚みはあり、時計としての存在感は大きいと感じた

Apple Watchは、スマートフォンと連携する点で、既存のいわゆるスマートウォッチと共通している。また、スマートフォンに届いた通知を表示したり、簡単な返信を返したりできる点も同じだ。

しかし、アップルがこうした既存製品に対して強力なアンチテーゼとして用意したのが、時計にふさわしい、新しいインターフェイスだ。

Apple Watchのプレゼンテーションの中で、ティム・クックCEOは、アップルの歴史をなぞらえながら、常に新しいインターフェイスで世界を変えてきたことを紹介した。Macintoshではパソコンにマウスを、iPodでは音楽プレイヤーにクリックホイールを、そしてiPhoneにはマルチタッチディスプレイを、それぞれ与え、ユーザー体験を一新してきた。

だとすれば、iPhoneと同じマルチタッチを、より画面が小さく、腕に装着して使う時計に適用するだけでは、ユーザー体験を満たせない。ここに取り組んだのがApple Watchとその他のデバイスとの大きな違いとなった。

新しい操作方法「クラウン」

デジタルクラウンは、時計らしい操作方法と小さな画面の中での正確な操作を両立させる新しいアイディアだ。

Apple Watchには、リューズ、英語ではクラウンと呼ばれる時計らしいダイヤルが用意されている。デジタルクラウンと名付けられたこのダイヤルによって、様々な操作をスムーズに行えるようにしている。もちろんマルチタッチに対応するディスプレイだが、細かいメニュー選択やスクロール、拡大縮小などを行うには小さすぎる。

そこで、直感的で、時計らしい操作方法のダイヤルを用意し、問題解決を図った。このダイヤルは、驚くほどスムーズに回転し、画面内の動きと心地よく連動する。また押し込むとホームボタンと同じ役割をしてくれるため、iPhoneやiPadのホームボタンで操作を終了させ、またスタートするポイントに戻るというアイディアと、時計が持つ古典的な操作方法が融合しているのだ。

次ページタッチ操作を多彩に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。