四季報先取り「四半期高進捗率」トップ30

いよいよ12日に『会社四季報』秋号が発売!

すなわち、まず過去3年間の「第1四半期の、通期業績に対しての平均進捗率」(営業利益ベース)を計算。それと、「今期の四半期営業利益における、会社計画に対する進捗率」を比較、両者の乖離率が大きい順にランキングしたものだ。それによると、1位は名村造船所。以下2位NECキャピタルソリューション、3位東京ガス、と続いた。1位の名村造船は、過去3年では、通期予想に対する第1四半期の進捗率が平均24.1%だったが、今期は53.7%も進捗した。そのため29.6%も乖離が生じている。

なお、この記事では、「トップ30社」を挙げたが、最新の『会社四季報』秋号では、上位71位タイまでの72社を掲載している。また、このランキングは、先述のように予想営業利益が50億円以上の企業が対象になっているが、実は秋号では、予想営業利益が5~50億円の企業についても、同様の進捗率ランキングを掲載している。

相対的に企業規模が小さい企業は、業績の変化率が株価に敏感に反映されやすい。一連のランキングは12日発売の最新号の巻頭に掲載しているので、ぜひお求めいただきたい。

また四季報の発売前も、発売後も、ネットでの株式情報は姉妹サイトの『会社四季報オンライン』へ。当サイトでしか入らない、とっておきの株式情報を手に入れていただきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT