四季報先取り「四半期高進捗率」トップ30

いよいよ12日に『会社四季報』秋号が発売!

すなわち、まず過去3年間の「第1四半期の、通期業績に対しての平均進捗率」(営業利益ベース)を計算。それと、「今期の四半期営業利益における、会社計画に対する進捗率」を比較、両者の乖離率が大きい順にランキングしたものだ。それによると、1位は名村造船所。以下2位NECキャピタルソリューション、3位東京ガス、と続いた。1位の名村造船は、過去3年では、通期予想に対する第1四半期の進捗率が平均24.1%だったが、今期は53.7%も進捗した。そのため29.6%も乖離が生じている。

なお、この記事では、「トップ30社」を挙げたが、最新の『会社四季報』秋号では、上位71位タイまでの72社を掲載している。また、このランキングは、先述のように予想営業利益が50億円以上の企業が対象になっているが、実は秋号では、予想営業利益が5~50億円の企業についても、同様の進捗率ランキングを掲載している。

相対的に企業規模が小さい企業は、業績の変化率が株価に敏感に反映されやすい。一連のランキングは12日発売の最新号の巻頭に掲載しているので、ぜひお求めいただきたい。

また四季報の発売前も、発売後も、ネットでの株式情報は姉妹サイトの『会社四季報オンライン』へ。当サイトでしか入らない、とっておきの株式情報を手に入れていただきたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT