私鉄電気機関車、地方経済支えた「力持ち」の記憶

貴重な「古典機」がローカルの貨物輸送に活躍

近江鉄道で活躍した国産最古級のED31形(左)と米国製のED14形(撮影:南正時)
この記事の画像を見る(77枚)

最近は鉄道ファンの間で貨物列車を牽引する機関車に注目が集まり、今や希少となった国鉄時代のEF66形、EF64形などの電気機関車が「撮り鉄」たちの主な被写体となっているようである。

だが、私鉄の機関車に目を向けるファンは少ないようだ。筆者に言わせれば私鉄の機関車こそ、戦前、戦後を通じて地域の貨物輸送や鉱山輸送などに活躍し、地方経済を陰で支えてきた存在だ。

私鉄の貨物輸送は国鉄末期に大半が廃止され、残った鉄道も規模縮小や廃線などで機関車の姿を見ることは少なくなったが、まだ活躍を続けている例もある。そこで、筆者が長年の取材において目撃、記録した私鉄の機関車、とくに今回は電気機関車を、写真とともに今一度振り返ってみたい。

現役の私鉄電気機関車はどこに?

我が国における一番古い電気機関車は明治中期ごろに足尾銅山で使用されたといわれているが、諸説あり確証はない。いずれにしても国内初の電機は鉱山の専用鉄道であることは確かだ。その後、国鉄だけでなく各地の私鉄で電気機関車が活躍した。

石灰石列車を牽引して影森駅を出発する秩父鉄道の電気機関車(撮影:南正時)

まずは現役の主な私鉄電機を取り上げてみよう。首都圏で私鉄電機の活躍が見られる鉄道といえば秩父鉄道(埼玉県)だ。秩父・武甲山の麓の秩父セメント(現・太平洋セメント)の鉱山から秩父鉄道本線を経由して熊谷方面への石灰を運ぶための列車で、三輪鉱山(武甲山の鉱山のひとつ)から影森駅を経て本線上を走行する。活躍するのは、日立製作所が私鉄や専用線用に製造したデキ100形など3形式14両のデッキ付き箱型電機。貨物輸送のほか、観光用イベント列車を牽引することもある。

SL運転で知られる大井川鉄道(静岡県)も電気機関車が現役だ。本線電化当時からのE10形、大阪窯業セメント(現・住友大阪セメント)の専用線で使われていたED500形電気機関車が長らくSL列車の補機に活躍してきた。近年、元西武鉄道のE31形3両(E32・E33・E34)が投入され、こちらも補助機関車に使われている。また、忘れてはならないのが、日本唯一のアプト式鉄道である井川線のED90形であろう。

次ページセメント輸送列車を重連で牽引
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT