携帯放送争奪戦の勝敗、ドコモとKDDIが激突!


異なる設備投資計画

激突する両陣営で大きく異なるのは、予定する設備投資額だ。メディアフローが5年間で基地局865局、総額961億円を見積もるのに対し、mmbi側はわずか125局で総額438億円と、半分以下の投資額を予定する。

「ドコモさんの考えがよくわからない」と、KDDIの小野寺正社長はドコモの投資計画に疑念を投げかける。「基地局をたくさん建てて受信可能なエリアを広げなければ、ユーザーに満足してもらえない。そんなことは、携帯電話事業で誰よりも理解しているはずだが」。

実際、総務省が公表した研究会報告書によると、NHKの試算ではサービスには700億円の投資が必要。だが、mmbiは「基地局数が少ないのは大出力で電波を飛ばすから。エリアカバーに問題はまったくない」(二木治成社長)と反論する。

もっとも、業界ではドコモ陣営有利との見方が根強い。「当初、メディアフローが手を挙げたが、外資のクアルコムの技術であることを総務省が嫌がった。それよりは国産技術を擁立しようと、mmbiが設立された」(デジタルメディアコンサルタントの江口靖二氏)経緯があるからだ。結論は数週間後。どちらに軍配が上がるのか。

■NTTドコモの業績予想、会社概要はこちら

■KDDIの業績予想、会社概要はこちら

(桑原幸作 =週刊東洋経済2010年7月31日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT