携帯放送争奪戦の勝敗、ドコモとKDDIが激突!


異なる設備投資計画

激突する両陣営で大きく異なるのは、予定する設備投資額だ。メディアフローが5年間で基地局865局、総額961億円を見積もるのに対し、mmbi側はわずか125局で総額438億円と、半分以下の投資額を予定する。

「ドコモさんの考えがよくわからない」と、KDDIの小野寺正社長はドコモの投資計画に疑念を投げかける。「基地局をたくさん建てて受信可能なエリアを広げなければ、ユーザーに満足してもらえない。そんなことは、携帯電話事業で誰よりも理解しているはずだが」。

実際、総務省が公表した研究会報告書によると、NHKの試算ではサービスには700億円の投資が必要。だが、mmbiは「基地局数が少ないのは大出力で電波を飛ばすから。エリアカバーに問題はまったくない」(二木治成社長)と反論する。

もっとも、業界ではドコモ陣営有利との見方が根強い。「当初、メディアフローが手を挙げたが、外資のクアルコムの技術であることを総務省が嫌がった。それよりは国産技術を擁立しようと、mmbiが設立された」(デジタルメディアコンサルタントの江口靖二氏)経緯があるからだ。結論は数週間後。どちらに軍配が上がるのか。

■NTTドコモの業績予想、会社概要はこちら

■KDDIの業績予想、会社概要はこちら

(桑原幸作 =週刊東洋経済2010年7月31日号)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT