携帯放送争奪戦の勝敗、ドコモとKDDIが激突!

携帯放送争奪戦の勝敗、ドコモとKDDIが激突!

携帯電話向け次世代放送サービス「マルチメディア放送」をめぐって、NTTドコモとKDDIが火花を散らしている。

同サービスは来年7月のアナログ放送終了で空く電波を利用。総務省は来月半ばごろまでにこの周波帯の割り当てを決める方針だ。通信業者にとって最大の“財産”である周波数の割り当ては2007年以来、3年ぶりとなる。

携帯向け放送では、06年に始まったワンセグ放送が先行するが、マルチメディア放送では映像だけでなく、電子書籍や音楽など多様なコンテンツも配信可能。利用者が携帯にコンテンツを「蓄積」して好きなときに視聴できるなど利便性も高く、新たなメディアとして期待も高い。

加えて、ワンセグがいまだ収益化モデルを構築できていないのに対して、マルチメディア放送は有料が前提。通信会社はワンセグで1台当たり数千円する機器を端末に組み込むなど放送局に協力してきたが、骨折り損となっているだけに、「次こそは」と捲土重来を期している。

ただし今回、基地局整備などインフラ運営を認められるのは1社のみ。この1枠をめぐって、NTTドコモや放送局が出資するマルチメディア放送(mmbi)と、KDDI、米通信機器大手クアルコムが設立したメディアフローの2陣営が、6月までに事業計画を提出している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。