携帯放送争奪戦の勝敗、ドコモとKDDIが激突!

携帯放送争奪戦の勝敗、ドコモとKDDIが激突!

携帯電話向け次世代放送サービス「マルチメディア放送」をめぐって、NTTドコモとKDDIが火花を散らしている。

同サービスは来年7月のアナログ放送終了で空く電波を利用。総務省は来月半ばごろまでにこの周波帯の割り当てを決める方針だ。通信業者にとって最大の“財産”である周波数の割り当ては2007年以来、3年ぶりとなる。

携帯向け放送では、06年に始まったワンセグ放送が先行するが、マルチメディア放送では映像だけでなく、電子書籍や音楽など多様なコンテンツも配信可能。利用者が携帯にコンテンツを「蓄積」して好きなときに視聴できるなど利便性も高く、新たなメディアとして期待も高い。

加えて、ワンセグがいまだ収益化モデルを構築できていないのに対して、マルチメディア放送は有料が前提。通信会社はワンセグで1台当たり数千円する機器を端末に組み込むなど放送局に協力してきたが、骨折り損となっているだけに、「次こそは」と捲土重来を期している。

ただし今回、基地局整備などインフラ運営を認められるのは1社のみ。この1枠をめぐって、NTTドコモや放送局が出資するマルチメディア放送(mmbi)と、KDDI、米通信機器大手クアルコムが設立したメディアフローの2陣営が、6月までに事業計画を提出している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT