統合から1年、コカ・コーラEJが目指す先

国内ボトラー最大手のトップに聞く

だから今、EJ社では各フロアに2人、計6人の講師を常駐させ、無料で英語の勉強ができるようにしている。私自身も以前はまったく英語を話せなかったが、26歳からきちんと勉強を始めて、こうして話せるようになっている。私でもできたのだから、社員もできるはずだ。

Calin Dragan●1966年生まれ、ルーマニア出身。同国のボトラーを経て2011年に来日。コカ・コーラウエスト副社長、三国コカ・コーラボトリング社長を経て2013年7月から現職。

もう1つの課題はダイバーシティ(多様性)だ。国籍、年齢、性別などさまざまな要素があるが、まずは女性社員の部分に注力する。2020年までに女性管理職は現在の6倍である100人へ、全社員に占める比率も20%まで高めていきたい(現在は9%)。男性の育児休暇取得も推進する。さっそく9月から取る者が1人決まった。

――国内飲料市場は頭打ちとも言われ、シェア争いも激しい。コンビニでは入れたてのコーヒーが売り上げを伸ばしている。今後はどのような戦略が必要か。

 まず申し上げたいのは、先進各国と比較すると日本は伸びている市場だということ。たとえば鉄道の駅構内などはまだ開発しきれておらず、チャンスがあると思う。

コンビニコーヒーに関して影響はあるが、対抗策も打っている。たとえばキャップ付きの缶容器やペットボトルのコーヒーは持ち運び可能で、コンビニコーヒーにはない機能を提供できていると思う。ただすべて巻き返すことはできていない。商品開発全般に関しては、引き続き日本コカ・コーラとしっかり協働していく。

これまでは同じ顧客でも、ボトラーごとに細分化されていた営業が統一され、よりニーズに合い、かつ一貫した提案ができるようになった。まずはしっかりと強固な関係を築いていきたい。人材育成にも多額の投資をしていく。50万台展開している自販機も重要だ。新しい設置箇所を掘り起こすだけでなく、キャッシュレス機能など新たな価値を搭載した機械をさらに導入していきたい。

(撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。