日テレが3冠王にまっしぐら、そのワケは?

「4月改編」で明暗が分かれたテレビ局決算

大人気ゲーム『妖怪ウォッチ』関連銘柄として、上場来高値を8月に更新したテレビ東京も、第1四半期売上高は前期比9.5%増の327.4億円だったが、制作費増加が圧迫し、営業利益は前期比19.1%減の12.5億円となった。

もっとも、18時57分に番組をスタートさせ、ゴールデンタイムとなる19時からの視聴者を獲得する”フライング編成”の効果が出ており、19時台の番組が軒並み視聴率を伸ばしている。特に月曜日は、『YOUは何しに日本へ?』『主治医が見つかる診療所』『世界ナゼそこに?日本人』と、19~22時までのゴールデンタイムの視聴率が増えている。

これら視聴率の好調を受け、今期業績予想の前提として、期初に会社側が発表した地上波放送の広告収入は、前期比4.1%増から5.3%増に引き上げられた。今上期の営業利益は期初6000万円から17.5億円へ、通期は同33億円から45億円へと、大きく上方修正している。

テレビ朝日は高原状態に

前期、年間平均視聴率でゴールデンとプライムがトップ、年度平均視聴率ではプライムがトップになり、さらに過去最高売上高と最高益を更新と、躍進を続けていたテレビ朝日は、高原状態に突入している。

第1四半期売上高は前期比3.7%増の707.2億円だったものの、営業利益は同29.7%減の47.2億円。通期は売上高が前期比5.1%増の2815億円、営業利益は同1.4%増の180億円を予想しているが、4~6月の地上波放送の平均視聴率では、全日、ゴールデン、プライムすべてで前期比マイナスだ。

次ページフジテレビ、TBSは大丈夫か?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT