幻の新生銀臨時総会に代わる説明会で株主発言 新取締役選任の臨時総会を来年2月初旬に開催

拡大
縮小

SBIホールディングスからの株式公開買い付け(TOB)に対抗する買収防衛策を一転、取り下げた新生銀行。防衛策発動の是非を諮るため25日に予定していた臨時株主総会も急きょ中止されたが、都内の会場にはTOBを巡る騒動に意見しようと複数の個人株主が来場し、新生銀も対応に追われた。

臨時総会の中止を伝える看板(都内、25日)Photographer: Takashi Umekawa/Bloomberg

東京・秋葉原の会場には、立て看板が設置され、総会が中止になった旨と共に、開始予定だった午前10時30分から株主向けに説明会を開くと記されていた。来場者はまばらだったが、一部株主からはSBIの提案を組織改革の契機にしてほしいとの声も聞かれた。

神奈川県平塚市から訪れた藤井明さん(70)は、もともと買収防衛策には反対票を投じるつもりだった。持参した議決権行使書には、二重丸で囲まれた「否」の文字。総会が中止されたことは知っていたが、改めて新生銀に注文を付けようと上京したという。

「どんなに頑張っても新生銀は変われなかった。SBIが提案する人材をトップに据えることで経営陣を刷新し、組織改革の契機にしてほしい」と話した。

次ページ総会中止でも約10人が来場
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT