幻の新生銀臨時総会に代わる説明会で株主発言 新取締役選任の臨時総会を来年2月初旬に開催

拡大
縮小

総会中止でも約10人が来場

新生銀の広報担当者によると、来場者は約10人で所要時間は約1時間だった。工藤英之社長自らが、SBIと協調して新生銀の企業価値向上に努めることで株主利益が毀損(きそん)する恐れが小さくなり、強圧性の度合いが下がったなどと撤回の理由を説明した。

新生銀は24日、防衛策撤回と総会の中止を発表。SBIが推薦する川島克哉氏、五味廣文氏、畑尾勝巳氏を取締役として選任するための臨時株主総会を2022年2月初旬をめどに開催する予定も公表した。新体制が承認されれば、工藤社長ら現経営陣は退任する。

(来場者数や所要時間、工藤社長の説明内容を追加して更新します)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:梅川崇

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT