日経平均は、1万6291円を目指す?

ジワリと、ドル高円安が進んできたぞ~

日経平均は昨年の大納会の高値を超えてくる?(撮影:梅谷秀司)
日経平均株価は、ついに7月30日の1万5646円(終値ベース)を抜けてきた。逆に言えば、8月は停滞していたわけだが、そんな中でカリスマ投資家の内田衛氏はどんなことを考えていたのか。8月後半の約2週間の取引を、いつものようにウッチーの「株日記」で振り返って見よう。 

【8月18日(月)】日経平均株価は4円高の1万5322円と、小幅上昇で6日続伸。しかし、東証1部の売買代金は1兆3600億円と、4月21日以来の4カ月ぶり低水準。まだ相場はお盆休み中?

エアアジアは、スカイマークに興味があるのか?

この連載の一覧はコチラ

【8月19日(火)】NYダウは175ドル高の1万6838ドルと大幅反発。また、ナスダック(新興企業、ベンチャー向け)市場は43ポイント高の4508で、なんと14年4カ月ぶりの高値。日経平均も127円高の1万5449円と7日続神で、7日続伸は今年初。格安航空会社のスカイマーク(9204)は、マレーシアの格安航空会社(LCC)のエアアジアが経営支援の検討に入ったとの報道で、50円ストップ高の230円で引ける。

【8月20日(水)】NYダウは80ドル高の1万6919ドルと続伸。7月の住宅着工件数が予想を上回ったことと、8月26日にロシアとウクライナが首脳会談を行う見通しとなったことが好感された。

昨日、ストップ高したスカイマークは、エアアジアのCEO(最高経営責任者)がツイッターで、「スカイマークに興味はない」と述べたと伝わり、スカイマークは15円安(6.52%)の215円。昨日は50円ストップ高(27.78%高)で値上がり率1位であったが、本日は値下がり率1位。どっちが本当なのか? 情報に振らされてしまう。

日経平均は、4円高の1万5454円と8日続神。下げそうで下げず、なかなかシブトイ。為替は1ドル=103円台後半へと円安が進み、4カ月半ぶりの安値。

次ページ円安進み、日経平均もまさかの9日続伸
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT