中国共産党が党史上3度目の歴史決議全文を公表

習総書記異例の3期目続投と終身統治が濃厚に

中国共産党は16日、北京で先週開いた第19期中央委員会第6回総会(6中総会)で採択した3度目の歴史決議の全文を公表した。習近平総書記(国家主席)の終身統治に道を開く可能性があるほか、世界2位の経済大国である中国の進路を定めることになりそうだ。

バイデン大統領と習主席、協力の必要性を議論-オンライン会談

国営メディアが3万6000字余りに及ぶ歴史決議の全文を発表した。共産党結党当初の激動期から世界の強国として地位向上を目指すとする習総書記の方針に至るまで幅広く網羅している。バイデン米大統領とのオンライン首脳会談を終えてようやく公表された。

習近平国家主席(北京の人民大会堂で)Source: Xinhua

共産党で歴史決議の採択にこぎ着けたのは毛沢東、鄧小平両氏に次いで習氏が3人目。毛、鄧両氏は歴史決議をてこに権力基盤を固め、息を引き取るまで国内で実権を握った。習総書記は両氏と肩を並べることになり、国内外で自らの政策を実行する強い信任を受けたことになる。

今回の歴史決議は3万6000字余りと、毛氏の2万7700字、鄧氏の3万4100字よりも多い。

次ページ技術の「自立」強化が戦略的な経済目標
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT